スウェットとニットならどっち?今年の冬服ならニットがおすすめ

MENU

冬ファッションのトップスの主役は、スウェットからニットへ!

 

2018年のレディース冬ファッションでは、スポーティーなスウェットも、まだまだ、健在ではあるものの、どちらかと言うとトレンドはニットにシフトしつつあります

 

ざっくりニットでいくか、ピタっとニットでいくか…新作のバリエーションも多いので、気分やシチュエーションに合わせて選べるようになっています。

 

 

襟が可愛い冬服トップス

襟が可愛い冬服トップス

 

リブ編みの可愛い襟が付いたシンプルなニットトップス。

 

付かず離れずのざっくりシルエットで、袖口は、襟と同じ配色なので、これ1枚で着るだけでも上品に見える冬服トップスです。

 

冬トレンドのマスタードやボルドーのほか、チャコールとグリーンの4色展開。

 

冬サイズは、3Lまであるので、ぽっちゃり体型の人でも、ゆったりと着られます。


 

配色襟付きリブニット

配色襟付きリブニットトップス

 

配色の襟がかわいいリブニットトップス。

 

こちらは、リブ編みなので、体にピタっとするタイプのニットです。

 

ハイウエストパンツと合わせて、裾をインして着ればガーリーな着こなしに。

 

フレアスカートと合わせて、裾を出して着ればフェミニンなコーディネートが楽しめます。


 

タートルネックフィットニット

フィットニットタートルトップス

 

こちらも、リブニット素材で、体にぴったりと寄り添うタイプのタートルネックニット。

 

シンプルなデザインなので、サロペットやジャンパースカートなど、ほかのアイテムで個性的なコーデを組む時のベーシックアイテムとして使えます。

 

ノースリーブのワンピースに、インナーとして着ちゃってもいいかもしれませんね。

 

色は、白、黒、グレー、ベージュ、ボルドーの5色展開です。


 

ニット素材ロングカーディガン

ニットソーロングカーディガン

 

ロング丈がトレンドになってる今年のレディース秋冬ファッションですが、ニットカーデにもロング丈のものが登場して来ています。

 

ティティベイトさんのこのニットカーディガンは、お尻がすっぽりと隠れるくらいのロング丈!

 

サッと羽織るだけで、今期のトレンド感を演出してくれます。

 

デザインもシンプルなVネックで使いやすいので、大人気!売り切れ注意です。


 

ボリュームタートルネックケーブルニット

大きい襟のタートルネックケーブルニット

 

こちらは、首がすっぽり隠れるくらいの襟がポイントのグレイルさんのケーブルニット。

 

ゆるめにフワッと着られるざっくりシルエットで、真ん中にコロンとしてかわいい太めのケーブル柄が入っています。

 

大きめサイズのゆるっとしたトップスには、スキニーパンツや、ピタっとしたニーハイブーツなど、細めのアイテムがよく合いますよね。

 

オシャレ上級者は、フレアスカートやミモレ丈スカートで、下半身もゆるっとさせてもいいかもです。


 

カラーバリエーション

・ブラック(黒)
・イエロー(黄色)
・ピンク
・グリーン(緑)
・ネイビー(紺)
・パープル(紫)
・グレー
・ボルドー
・アイボリー(白)
・ラベンダー
・ブルーグレー
・オフベージュ
・オフホワイトミックス

 

 

バックレース編みニット

snidel スナイデル モヘヤ混バックレースアップ

 

今期もう1つトレンドになってるのが、靴の紐みたいに編み上げたレースアップデザイン。

 

snidel(スナイデル)のこちらのモヘアニットは、背中がレースアップになっています。

 

リボンみたいになってて、かわいいですよね。

 

そのほか、袖にレースアップが入っていたり、パンツのサイドが靴の紐みたいな編上げデザインになっていたり…と、今期は、いろいろなタイプのレースアップアイテムが登場しています。


 

スウェットとニットの違いは?

どちらも、天竺、平編みの生地が使われますが、スウェット生地の方は、裏パイルにして、吸湿性を高めたり、裏起毛にして、保温性を高めたりしています。

 

スウェットの表の編地に柄が入ることはありませんが、ニット生地のセーターの場合は、ケーブル柄だったり、寄せ柄だったり、編み方によって柄が入っている場合もあります。