アラサー世代の秋物ブラウスなら、デザインに凝ったものを

アラサー世代が着る秋物ブラウスなら、デザインに凝ったものが今年はおすすめです。中世の貴族が着ていたような、エレガントで華やかなブラウスは、手持ちの服にプラスするだけで、通勤スタイルも見違えるほど格上げされます。

 

オンにもオフにも使えるボウタイブラウス

タイが取り外しできるブラウスは、シンプルなブラウスとしても着回せて、着こなしの幅がひろがります。アンタイトル(UNTITLED)からは、ベージュのとろみ素材で、ボウタイの取り外しができるブラウスがでています。セオリー(Theory)は、秋のトレンドカラー、ディープブリーンのノースリーブブラウスが新作です。ノースリタイプは、夏の終わりから着れるので、長い期間使えます。

 

ほどよくセクシーな透け感レースブラウス

品のある肌見せが、ほどよくセクシーさを醸し出すのが透け感のあるレースブラウスです。スタンドカラーなら、今どきな旬顔になれます。
ザラ(ZARA)からはプチプライスとは思えない、繊細なレースブラウスがお目見えしてます。トレンドのスタンドカラーとフロントと袖のフリルが、大人ガーリースタイルにぴったりです。Rouge vif(ルージュ・ヴィフ)のノースリブラウスは、黒の総レースで、シックな華やかさが際立ちます。

 

レトロなロールカラーブラウス

これまであまり見かけなかったロールカラーのブラウスも、今年は旬顔ブラウスとして登場です。レトロな雰囲気のロールカラーは、奥ゆかしい愛らしさがあり、カジュアルにもきちんとした清楚なスタイルもきまります。
ケティ(ketty)からは、しっとり感のある少し起毛した素材を使った、アイスブルーのロールカラーブラウスがでています。GOUT COMMUN(グーコミューン)からは、バックスタイルがリボンモチーフの、ほどよい甘さのあるロールカラーも登場です。

 

上品なプチフリルブラウス

大胆なフリル使いから変化して、今シーズンはさり気なくフリルをきかせた、品の良さが魅力のフリルブラウスが人気です。マニッシュなパンツや、いつものデニムと合わせて、ラフに着こなすのが今年のフリルブラウスです。
メゾンイエナ(Maison IENA)のフリルブラウスは、控えめなフリルが袖口と襟周りにあしらわれて、大人っぽい可愛らしさを表現しています。DESIGNWORKS(デザインワークス)からは、シルク主体の光沢感がリッチで、細かいフリルを前身頃全体にデザインした、構築的なブラウスもでています。